コンタクトレンズクリニックについて

私たちはコンタクトレンズを医療用具ととらえており、その人に合ったレンズをあわせ、健康的に使ってもらえることを目標としています。そのためにはコンタクトに関する知識を十分に取り入れ、その方の社会的適応(装用目的)に合ったレンズを処方し、レンズの装脱練習や手入れ説明にも力を入れています。
円錐角膜という角膜の病気で不正乱視がおこり、ハードコンタクトレンズを装用している方の中で、装用状態が悪かったり、よくズレたり紛失される方も、当院では円錐角膜のスペシャルクリニックを開設。オーダーメイドのコンタクトレンズ処方が可能です。

コンタクトレンズ処方の流れ

コンタクトレンズ処方の流れ

定期検診のスケジュール

レンズを処方した初めての3ヶ月後に1回目の定期健診をすすめています。テスト期間中になかった問題点や質問にお答えします。手入れ状態のチェックもします。その後は半年に1回の検査をお勧めします。 特にハードコンタクトレンズの方は、処方後、数年間定期検査されない方が多いため、少なくとも1年に1回の検査をお勧めします。

ユーザーの方へ

作成希望の方、処方後の定期検査、レンズの不具合を診て欲しい方、どなたでも診療時間内であれば随時受け付けます。当院では電話による予約の受付も可能です。

コンタクトレンズの種類

●酸素透過性ハードコンタクトレンズ(各種)
●1日使い捨てソフトコンタクトレンズ( 〃 )
●定期交換ソフトコンタクトレンズ( 〃 )
●遠近両用コンタクトレンズ( 〃 )
●カラーコンタクトレンズ( 〃 )

  • ビスコム福井