光干渉断層計

目の網膜は、カメラでいうとフィルムにあたります。そこが悪くなると、目に入ってきた映像がフィルムにきれいに映らず、ぼやけたり、歪んで見える加齢性黄斑変性症が、増えてきています。診察室では検眼鏡を使用して、網膜を直接観察できますが、黄斑部という中心部(視力にとって一番大切な所)を観察するのに面積が小さいためとても大変です。そこで、赤外線で、干渉現象を用いて反射波の時間的な遅れを画像情報に変換。黄斑部の状態を詳細に調べることができます。また緑内障には、診断基準の1つとして視野検査でまだ障害がでてない人の網膜神経線維層の厚みを測定します。

  • 光干渉断層計

角膜形状・屈折力解析装置

主に、角膜形状(トポグラフィ)と、目の屈折度(レフ)の分布を測定する装置です。角膜の広範囲な領域を測定し、その情報をウェーブフロント解析することで、見えづらさの原因を見つけることができます。また、「見え方シュミレーション」を使って、説明することができます。

  • 角膜形状・屈折力解析装置

自動視野計

開院当初より、この種類の視野計を使用しており、測定したデータを保存して、経時的に視野が変化していないかを統計処理して改善・変化なし・悪化とグラフ化します。緑内障視野進行解析ソフトウェアHFAⅡ GPA2が導入され、より、正確な統計処理を行なっています。

  • 自動視野計

無散瞳3D眼底カメラ

緑内障の場合、眼底乳頭の冠凹の変化に重点を置きます。検眼鏡で見ることもできますが、画像を拡大かつ立体化して見ることで微細な変化を見つけることができます。写真は、画像ファイリングソフト(NAVIS)に取り込み、視野検査結果と同時画面で見られます。

  • 無散瞳3D眼底カメラ