メニュー

オルソケラトロジーについて

近視で悩んでいませんか?

オルソケラトロジーとは・・

就寝時に特殊なコンタクトレンズを装用するだけで、一定時間裸眼で生活することができる治療法です。

Q. なぜ寝ている間に矯正されるの??

A. 特殊なデザインのレンズが、就寝中に角膜を微妙に押さえて角膜を扁平化します。

Q. 日中裸眼でいいのはどうしてなの??

A. レンズがなくても就寝時に装用した角膜形状は一定時間維持されます。
  その間、裸眼視力が改善するためです。

 

オルソケラトロジー:仕組みは?

オルソケラトロジー:特徴は?

メリット

・日中を裸眼で過ごせる
・手術は必要ない
・治療をやめると角膜は元の状態に戻る
・コンタクト・眼鏡の煩わしさがない
 など

デメリット

・レンズ装用は継続する必要がある
・見え方・効果の表れ方には個人差がある
・強度近視・乱視の矯正は難しい
 など

 

治療の流れ

注意事項
  • 毎日~数日に一度、装用する必要があります(個人差があります)
  • 形状が安定するまでに1週間~1ヶ月時間が掛かります。
  • 就寝時に装用するため、異物感は感じにくいがハードコンタクトレンズを着けて就寝することに慣れていただく必要があります。
  • 見え方には個人差があります。
    ※その他、必ず眼科専門医の指示に従ってください。費用は自由診察となりますのでご了承ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME